/

この記事は会員限定です

米主要州で個人情報保護、企業に集団訴訟のリスク

カリフォルニア州やニューヨーク州の動向が焦点

[有料会員限定]

米国で個人情報保護を強化するルールづくりが広がり始めた。最も注目されているカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は2020年1月の施行が迫るが詳細が固まっておらず、訴訟リスクを抱える企業の対策が遅れる可能性が指摘されている。他の主要州でも同様の立法を探る動きがあり、企業は個人情報を厳格に扱う体制整備を求められている。

「施行まであと4カ月なのに、詳細が固まらない。いつから対応を本格化させ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン