2019年9月16日(月)

米主要州で個人情報保護、企業に集団訴訟のリスク
カリフォルニア州やニューヨーク州の動向が焦点

法務・ガバナンス
2019/8/24 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国で個人情報保護を強化するルールづくりが広がり始めた。最も注目されているカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は2020年1月の施行が迫るが詳細が固まっておらず、訴訟リスクを抱える企業の対策が遅れる可能性が指摘されている。他の主要州でも同様の立法を探る動きがあり、企業は個人情報を厳格に扱う体制整備を求められている。

「施行まであと4カ月なのに、詳細が固まらない。いつから対応を本格化さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。