/

この記事は会員限定です

日経実力病院調査 膵臓がん、術前に放射線・抗がん剤

[有料会員限定]

毎年3万人以上が死亡する膵臓(すいぞう)がん。診断と治療が難しく、部位別では肺、大腸などに次ぎ、4番目に亡くなる人が多い。公開データを基にした日本経済新聞の実力病院調査では、手術の前に抗がん剤や放射線照射を使って治療効果を高めるなどの取り組みが目立った。早期発見や治療法の改善に向けた取り組みも進んでいる。

膵臓は胃の後ろにある長さ約20センチメートルの細長い臓器。食物の消化を助ける消化酵素や血糖...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン