2019年9月16日(月)

大阪のセブン加盟店オーナー、日曜休業を通告

2019/8/22 21:34
保存
共有
印刷
その他

コンビニエンスストア「セブン―イレブン」で2月から短縮営業している大阪府東大阪市のオーナーが、フランチャイズチェーン(FC)本部に対して9月から日曜日を休業すると通告したことがわかった。人手不足が理由としている。セブン―イレブン・ジャパンでは年中無休がFC契約の前提となっており、本部では「対応を検討する」としている。

セブン加盟店の基本契約では、両者の合意があれば営業時間の短縮が認められている。ただビル内の店舗など例外を除いて、年中無休の営業が求められている。

このオーナーは2月、本部との合意なく営業時間の短縮に踏み切り、コンビニエンスストアの24時間営業を巡る問題が表面化した。7月には本部が24時間営業をしない契約への変更を打診。オーナーは同社の永松文彦社長からの直接の説明を求めたが、本部側は応じていない。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。