/

この記事は会員限定です

福島第2原発の廃炉決定 地域の再生手探り続く

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス(HD)の福島第2原子力発電所の廃炉が正式に決定した。すでに廃炉が決まっている第1原発と合わせ、福島県内の全原発が廃炉となる。第2原発の地元自治体は廃炉作業や関連の研究などが新たな産業に育つことを期待するが、核燃料の安全な処理や原発立地に伴う交付金の縮小といった課題も多い。廃炉開始後の地域再生は手探りが続きそうだ。

7月31日、東電HDの小早川智明社長は県庁と立地自治体の楢葉・富岡両町で第2原発の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン