ロシア爆発事故、放射能漏れ疑惑 情報制限で高まる不安

ヨーロッパ
2019/8/22 20:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平、ブリュッセル=竹内康雄】ロシア北西部で8日に起きた新型ミサイル実験中の爆発事故が波紋を広げている。周辺地域で一時、放射線量が急速に高まり、ユーラシア大陸の広い範囲に放射性微粒子が飛散した懸念が消えない。プーチン大統領は「すべては正常だ」と説明するが、詳細な情報を隠しているとの疑惑は収まらず、近隣地域や欧米メディアなどで不安視する声が相次いでいる。

アルハンゲリスク州セベロド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]