高校野球

履正社、雪辱の初V 屈指の右腕攻略

2019/8/22 19:59
保存
共有
印刷
その他

難敵の星稜・奥川を打ち崩しての戴冠に、履正社の岡田監督は「泣くことはないだろうと思ったが、勝手に涙が出てきた」と顔をほころばせた。

【履正社が初優勝 星稜に5-3 全国高校野球選手権】

速球に振り負けず、いい当たりを続けて得た自信が形になったのが、2点差を追い付かれた直後の八回だった。序盤から「直球は当たらない球ではないな」と手応えを得ていた先頭内倉が二塁打し、野口が151キロを中前に勝ち越し打。チームとして初めて150キロ台を快打し、攻略の実感を確かなものにした。

決勝で星稜を破って初優勝を果たし、喜ぶ履正社ナイン=共同

決勝で星稜を破って初優勝を果たし、喜ぶ履正社ナイン=共同

今年は奥川と2度対戦し、完封負けした春の選抜大会は3安打、6月の練習試合は4安打。「何とか5安打以上打ってくれたら」と願っていた岡田監督は、井上の逆転3ランを含む11安打に「2桁なんて夢にも思っていなかった」。

毎年冬にウエートトレーニングで鍛えながら、シーズンに入って筋力が落ちるのが課題だった。そこで今年は春以降もウエートトレの頻度をあまり下げず、パワーの維持に腐心。当初は打力の高くなかった打線に強打の看板が付き、岡田監督は「育成プランが結果として出た」と納得顔だ。

大阪福島商から履正社に校名変更した4年後の1987年、監督に就任した。当初は部員が11人で、うち3人は卓球部などと掛け持ち。「学校の名前すら知られておらず、どこにいっても相手にしてもらえなかった」

そこからT―岡田(現オリックス)、山田哲人(現ヤクルト)らの入学で少しずつチーム力を上げ、ついに成し遂げた春夏通じて初の全国制覇に「夢のよう」。33年の労苦が報われ、万感の面持ちだった。(合六謙二)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

今夏の岩手大会で注目された大船渡の佐々木朗希投手=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれる。目玉は最速163キロで「令和の怪物」とも言われる佐々木朗希(岩手・大船渡高)と、今夏の甲子園で準優勝した奥川恭伸(石川・星稜高)の2人の高校生投手 …続き (16日 20:54)

 日本高野連と全日本大学野球連盟は3日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で246人(高校139人、大学107人)が届け出た。17日に行われるドラフト会議で …続き (3日 19:17)

プロ野球志望表明の記者会見で笑顔を見せる大船渡高の佐々木朗希投手(2日午後、岩手県大船渡市)=共同

 高校野球で球速163キロをマークし「令和の怪物」と称される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)が2日、同県大船渡市内で記者会見に臨み、プロ野球志望を表明した。「レベルの高いところでプレーしたいと思 …続き (2日 20:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]