主要2候補、浮動票獲得へ独自戦略 埼玉県知事選

2019/8/22 19:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

埼玉県知事選は25日の投開票に向けて終盤戦に入った。高い知名度や国政とのパイプを強みとするスポーツライターの青島健太氏(61)と、現職知事の路線継承や政策通をPRする前参院議員の大野元裕氏(55)が激しく競り合い、支援に回る与野党の対決色も強まっている。両陣営の対照的な選挙戦略が、勝負を左右する無党派層にどう響くかが注目される。

●党本部が全面支援

自民、公明両党が推薦する青島氏は地元議員らの手厚…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]