/

この記事は会員限定です

主要2候補、浮動票獲得へ独自戦略 埼玉県知事選

[有料会員限定]

埼玉県知事選は25日の投開票に向けて終盤戦に入った。高い知名度や国政とのパイプを強みとするスポーツライターの青島健太氏(61)と、現職知事の路線継承や政策通をPRする前参院議員の大野元裕氏(55)が激しく競り合い、支援に回る与野党の対決色も強まっている。両陣営の対照的な選挙戦略が、勝負を左右する無党派層にどう響くかが注目される。

●党本部が全面支援

自民、公明両党が推薦する青島氏は地元議員らの手厚い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン