/

この記事は会員限定です

熊本大、蛍光塗料の粒子 均一に 半導体向け

[有料会員限定]

熊本大学の伊原博隆シニア教授らは、塗料などに使う粒子で、蛍光色素を材料にして、品質や耐久性を高める製造技術を開発した。従来はベースとなる分子に蛍光色素を外から後付けしていたが、新製法は色素そのものを材料にするので低コストで簡単に製造できる。このほど製造装置を開発しサンプル出荷を始めた。半導体製造の充填剤や高解像度インク向けの需要を見込む。

先端科学研究部の伊原シニア教授らが開発した装置は、青や黄色...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン