静岡茶の産地を飲み当て 「茶歌舞伎」大会25日から開幕

2019/8/22 20:02
保存
共有
印刷
その他

静岡県内の茶の産地を飲んで当てる「茶歌舞伎」の大会が25日から、初めて開催される。県内の牧之原、森町、掛川、本山、沼津の5種類の茶を飲んで、味や香りを頼りに産地を当てる。優勝者には県知事賞と賞金5万円が贈られる。茶への関心を高めてもらい、消費拡大につなげる。

静岡茶歌舞伎大会実行委員会によると、25日に島田市のふじのくに茶の都ミュージアムで予選を始める。参加料は2000円で、高校生以下は1000円。9月にも2回予選をおこない、各会の上位4人が11月の決勝に参加できる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]