/

この記事は会員限定です

ビットポイント、台湾合弁が提訴へ 仮想通貨で不正疑い

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)の不正流出事故を起こしたビットポイントジャパン(東京・港、BPJ)に対し、台湾の合弁会社が損害賠償を求めて提訴することが22日、分かった。不正流出で損害を受けたほか、台湾の顧客に仮想通貨の取引を仲介するときに、代金として日本のBPJに送る資金を過剰に請求されていたという。

訴えを起こすのはBPJとの合弁会社「ビットポイント台湾」。台湾の大手交換業者で現地に約2万5000人の顧客...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン