/

岩手、与野党対決第2Rに 知事選告示受け第一声

任期満了に伴う岩手県知事選(9月8日投開票)が22日告示された。前回の2015年は無投票で、8年ぶりの選挙戦は野党4党推薦の現職に、自民党と公明党県本部が推薦する新人が挑む構図となった。参院選岩手選挙区に続く与野党対決の「第2ラウンド」となり、両候補は現県政継続の是非などを巡って盛岡市内で第一声を上げた。

4選を目指す現職の達増拓也氏(55)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=は市内の商店街の選挙事務所前で街頭演説をスタート。「(東日本大震災で)被災した人を含めて岩手に関わる人が幸福になれる県が目標。心と体のケアなどのソフト事業は必要な限り継続していく」と訴えた。

新人の及川敦氏(52)=自民、公明県本部推薦=は、盛岡城跡公園のそばで第一声。達増県政を政府・政権与党と対立を繰り返し、県内市町村長との意思疎通も不十分と指摘し、「岩手のトップリーダーとして、どうやって待ったなしの復興事業や(巨大加速器の)ILCの誘致などを進めていくのか」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン