日経商品指数17種

(1970年平均=100)
11月14日 146.049 -0.423

[PR]

商品ニュース

金、先物市場の先高観強まる 限月間の価格差拡大
米追加利下げ・政経リスク意識

2019/8/22 17:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金の国際価格で目先の需給動向を反映する期近物と、今後の動向を映す期先物の価格差が広がっている。米連邦準備理事会(FRB)が10年半ぶりの利下げを決めた7月末から目立ち始めており、足元の価格差は1トロイオンスあたり10ドル前後ある。米国の追加利下げや政治経済リスクを意識し、世界的な景気後退を懸念する市場心理を強く映し出している。

金価格の国際指標となるニューヨーク先物価格は現在、期近物の2019年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム