/

この記事は会員限定です

世界の半導体関連株に買い 5G需要期待

景気後退懸念に逆行 問われる持続力

[有料会員限定]

世界の半導体関連株に資金が流入している。22日の東京市場では半導体製造装置株などが上昇した。次世代通信規格「5G」の先行投資が業績の追い風になるとの見方が強く、在庫調整の進展で半導体市況の回復期待も広がる。ただ、世界的な景気後退懸念に逆行する形の半導体関連株買いは局地戦の色も濃く、相場全体のけん引役になれるかは不透明だ。

22日の東京株式市場では、東京エレクトロンが1%高、SCREENホールディングスが3.3%高となり、そろって年初来高値を更新し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン