日立、画像診断機器事業を売却へ ファンドが関心

2019/8/22 17:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所は画像診断機器事業を売却する方針だ。売却先の選定に入っており、海外の投資ファンドなどが買収に関心を示している。売却額は1000億円を超える可能性がある。子会社である日立化成の売却手続きも進めており、収益重視の選択と集中を加速。インフラやIT(情報技術)に経営資源を集中し、海外勢との競争に勝つ体制づくりを急ぐ。

日立の画像診断機器事業の売上高は1500億円前後。2016年に本体に統合した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]