/

この記事は会員限定です

高級ホテルの容積率緩和 名古屋市、割り増しを2倍に

[有料会員限定]

名古屋市は2020年度中にも宿泊施設向けの容積率を緩和する。市内に少ないとされる高級ホテルの誘致が目的だ。一般のホテルですでに適用されている容積率の割り増し分を、市が認める高級ホテルに限り2倍に引き上げる。容積率を緩和すればより多くの賃料収入をえられるため、不動産開発会社に高級ホテル誘致を促すことになりそうだ。

市は17年4月、ビル内にホテルや旅館を設ける場合、宿泊施設分の容積率を特例的に割り増す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン