中部横断道でまた開通延期 破砕帯現れトンネル崩落

2019/9/5 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省甲府河川国道事務所が建設を進めている中部横断自動車道で、想定以上にもろい地盤などの影響で工事が難航し、開通時期の延期が相次いでいる。

国交省は8月7日に地元自治体と開いた連絡調整会議で、今年夏ごろを予定していた南部インターチェンジ(IC)―富沢IC間(延長6.7キロ)の開通時期を11月に変更すると発表した。

同区間の開通時期の見直しは3回目。当初の2013年6月に17年度内としていた開…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]