2019年9月24日(火)

米・ASEAN、9月にタイで初の海軍合同訓練
18年は中国と実施 米中間でバランス

2019/8/22 16:49
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=岸本まりみ】東南アジア諸国連合(ASEAN)と米海軍による初めての合同訓練が9月上旬にタイ湾で実施されることが22日、わかった。ASEANは2018年に中国海軍とも初の合同訓練を実施しており、今回の演習を通じて米中間でバランスをとりたい考え。米国はASEANとの軍事連携を強め、中国をけん制する狙いとみられる。

ASEANは2018年に中国海軍と初の合同訓練を実施した(18年10月、中国・広東省)=ロイター

米国との合同訓練については18年にシンガポールで開いたASEAN国防相会議で実施が決まっていた。演習の詳細は明らかにされていないが、9月2日ごろから5日間にわたって実施する見込み。南シナ海に隣接するタイ湾に米海軍が駆逐艦を派遣する見通しだ。

中国とASEANは18年10月に中国・広東省湛江市沖で初の合同訓練を実施した。中国は南シナ海での定期的な合同演習を提案し、ASEANと軍事面の協力を深めようとしている。ただ、ベトナムやフィリピンなどASEANの一部加盟国は南シナ海の領有権をめぐり、中国と対立を続けている。米海軍との合同訓練で米国との距離を詰め、中国の軍事的影響力の拡大を抑えたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。