プレーバック

フォローする

「ボルト伝説」誕生の瞬間 2008年北京五輪

Tokyo2020
2019/8/23 10:03
保存
共有
印刷
その他

100メートルのゴールをほぼ真横に見下ろす記者席からは、身長1メートル96と短距離走者としては規格外に大柄なウサイン・ボルトがこちらを向き、胸をたたきながら「どうだ」と語りかけているように見えた。

ウサイン・ボルト(中)=Action Images・ロイター

ウサイン・ボルト(中)=Action Images・ロイター

2008年北京五輪の陸上男子100メートル決勝、2位以下に0秒20以上の大差をつけたボルトが9秒69の世界新記録。約2カ月半前に自らが打ち立てた9秒72の世界新を塗り替えただけでなく、人類初の9秒6台に突入する衝撃のタイム。単なるスポーツの偉業にとどまらない、人類史において未来永劫(えいごう)語り継がれるであろう「ボルト伝説」誕生の瞬間だった。

先天的な脊椎側湾症の影響で故障発症の恐怖と常に向き合い、100メートルの世界記録を9秒58まで進化させた。「世界を射止める」という願いも込めた弓矢を射るポーズも世界中の人気に。母国ジャマイカの陸上界も人ごとではすまなかったドーピング問題にも熱心に立ち向かったクリーンなアスリートとしても愛され、17年ロンドン世界選手権での敗戦を最後に引退した。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
男子マラソンで沿道から飛び出した男に抱きつかれたバンデルレイ・デリマ=APAP

 五輪競技にアクシデントはつきものだが、2004年アテネ大会男子マラソンでバンデルレイ・デリマ(ブラジル)が見舞われたのは前代未聞の悲劇だった。36キロ付近、先頭を快走していた35歳の伏兵は沿道から飛 …続き (10/10)

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)本社

 1988年ソウルから五輪競技となった卓球だが、日本の初メダルまで24年の月日を要した。そのときは2012年ロンドン。平野早矢香(27)、福原愛(23)、石川佳純(19、いずれも当時の年齢)の「三姉妹 …続き (10/3)

バルセロナ五輪・競泳、女子200メートル平泳ぎで優勝した岩崎恭子の力泳=1992年7月27日、バルナト・ピコルネル・プール本社

 「今まで生きてきた中で一番幸せです」。1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ決勝。レース終了後に取材エリアに現れた少女は、どこか夢見心地のまま笑顔で喜びを語った。中学2年生、当時14歳 …続き (9/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]