プレーバック

フォローする

「ボルト伝説」誕生の瞬間 2008年北京五輪

Tokyo2020
2019/8/23 10:03
保存
共有
印刷
その他

100メートルのゴールをほぼ真横に見下ろす記者席からは、身長1メートル96と短距離走者としては規格外に大柄なウサイン・ボルトがこちらを向き、胸をたたきながら「どうだ」と語りかけているように見えた。

ウサイン・ボルト(中)=Action Images・ロイター

ウサイン・ボルト(中)=Action Images・ロイター

2008年北京五輪の陸上男子100メートル決勝、2位以下に0秒20以上の大差をつけたボルトが9秒69の世界新記録。約2カ月半前に自らが打ち立てた9秒72の世界新を塗り替えただけでなく、人類初の9秒6台に突入する衝撃のタイム。単なるスポーツの偉業にとどまらない、人類史において未来永劫(えいごう)語り継がれるであろう「ボルト伝説」誕生の瞬間だった。

先天的な脊椎側湾症の影響で故障発症の恐怖と常に向き合い、100メートルの世界記録を9秒58まで進化させた。「世界を射止める」という願いも込めた弓矢を射るポーズも世界中の人気に。母国ジャマイカの陸上界も人ごとではすまなかったドーピング問題にも熱心に立ち向かったクリーンなアスリートとしても愛され、17年ロンドン世界選手権での敗戦を最後に引退した。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
ロンドン五輪の男子フルーレ団体で銀メダルを獲得した(左から)淡路、太田、三宅、千田

 日本のフェンシング界は長らくフルーレが中心だった。最もメダルの可能性が高いとされた種目に強化費を集中投下し、2008年北京五輪で太田雄貴が銀メダルを獲得。そのエースを中心に“四剣士”が躍動したのが、 …続き (9/19)

アテネ五輪の女子マラソンで優勝した野口みずき

 2004年アテネ五輪の女子マラソン。マラトン市からパナシナイコ競技場という、1896年の第1回大会とほぼ同じ伝統あるコースを身長150センチの野口みずきが跳ねるように駆け抜けた。2時間26分20秒で …続き (9/12)

柔道男子95キロ超級で金メダルを獲得し表彰台で声援にこたえる斉藤仁=共同共同

 1988年のソウル五輪で、日本柔道はかつてない危機を迎えていた。95キロ級まで6階級を終えて金メダルなし。64年東京五輪で柔道が競技入りしてから初となる屈辱を救ったのが95キロ超級に登場した斉藤仁だ …続き (9/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]