ブラジル政府、国営・国有企業17社を年内に民営化

中南米
2019/8/22 16:18
保存
共有
印刷
その他

【サンタレン(ブラジル北部)=外山尚之】ブラジル政府は21日、郵政電信公社など国営・国有17社を2019年末までに民営化すると発表した。1月に発足したボルソナロ政権は「小さな政府」路線を推進しており、肥大化した国営・国有企業の経営効率化と政府保有株の売却で財政再建を加速させる。国営石油会社ペトロブラスも含めたさらなる民営化案も浮上しており、市場では国営企業の株価がそろって上昇した。

ブラジル政府は郵政電信公社を民営化する(4月、リオデジャネイロ)=ロイター

今回、民営化の対象となったのは郵政電信公社や主要都市で都市型鉄道を手掛けるブラジル都市鉄道(CBTU)のほか、国営電力エレトロブラスなども含まれる。経済政策を統括するゲジス経済相は20日、「多くの人々が民営化が進まないと考えているが、メスを入れる」と語った。

近年、ブラジルでは政府が民営化を提案後、利害関係者の意向を受けた議員の反対で、最終的に骨抜きされる事態が常態化していた。17年にはテメル前政権がエレトロブラスや造幣局の民営化を提案したが、議会の賛成を取り付けられず、失敗に終わった。

ボルソナロ政権は7日に年金支給年齢の引き上げを柱とした年金改革法案を連邦議会下院で通過させるなど、経済政策では議会と協調関係にある。マイア下院議長は21日、「政府は1~2週以内に議会にエレトロブラスの民営化法案を送るべきだ」と述べ、財政健全化や投資促進につながるとして、民営化に協力する意向を示した。

政府は今回の民営化を手始めに、今後も対象範囲を拡大する考えを示している。経済紙バロル・エコノミコは21日、ゲジス氏がブラジルを代表する企業であるペトロブラスの民営化を検討していると報じた。21日に同社の優先株の株価は約6%上昇。民営化の方針が発表されたエレトロブラスは約12%、国営通信テレブラスは60%超の株価上昇を記録した。

ボルソナロ氏は21日、「(郵政電信公社は)政治的な談合の場となり、略奪されていた」と述べ、民営化により政治家の関与を減らすことで、透明性が高まるとの見解を示した。ブラジルでは国営企業が汚職の舞台となり、郵政電信公社も過去に下請け企業との契約水増しで裏金を作っていたことが発覚している。

18年の大統領選で汚職根絶を掲げて当選したボルソナロ氏にとって、民営化路線は低迷する支持率の回復に向けた手段という思惑もありそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]