三谷産業 ITや車樹脂で付加価値追求 近づく収穫期
Zoom北陸企業

2019/8/23 6:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

化学品・燃料販売やIT(情報技術)、空調工事など数多くの事業群を持つ老舗商社の三谷産業。近年は情報システムや自動車向け樹脂部品、医薬原料といった分野で成長投資を加速させてきた。高付加価値事業の育成に向けてまいた種がまもなく収穫期を迎える。

7月、金沢市の本社で2日間開いた恒例のIT展示会は取引先や地元住民ら1000人超でにぎわった。同社のシステム事業は2019年3月期の連結決算で営業利益率12%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]