日産、自動運転技術でゴルフボール 誰でもカップイン

2019/8/22 14:36
保存
共有
印刷
その他

日産自動車は22日、自動運転で使う技術を生かしたゴルフボールを開発したと発表した。外部のカメラでボールの位置を特定したうえで、コンピューターでカップまでの経路を導き出し、無線でボールに伝える仕組み。プレーヤーがどんな方向に打ってもボールはカップに向かって自走するため、ゴルフをやったことのない人でも確実にカップインできる。

日産の自動運転技術「プロパイロット」を使った。9月に発売する高級車「スカイライン」に搭載する技術をベースにしており、自動車に関心の薄い人にも自動運転技術を知ってもらうきっかけになると期待している。

日産は新型スカイラインで、車載カメラや3次元地図で車の位置を特定して高い精度で運転を支援する技術を実用化する。2022年度には自動運転技術を使った新車を年100万台まで増やす計画だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]