2019年9月16日(月)

エイスース、スマホカメラが回転式 自撮り時は手前に

モバイル・5G
BP速報
2019/8/22 14:50
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

台湾・華碩電脳(エイスース、ASUS)の日本法人であるASUS JAPANは2019年8月20日、都内で新製品発表会を開き、SIMロックフリースマートフォンの最新モデル「ZenFone 6」を発表した。ZenFone 6は5月にスペイン・バレンシアでグローバル向けに発表したモデルである。日本国内では8月23日より順次販売を開始する。

ZenFone 6(撮影:山口健太、以下同じ)

ZenFone 6(撮影:山口健太、以下同じ)

ZenFone 6は、本体前面の大部分を占める6.4型のディスプレーと、180度の回転式フリップカメラが特徴のスマホだ。

本体上部に180度回転するカメラを搭載した。通常は本体背面のリアカメラとして機能し、自撮りの際にはカメラが自動的に回転して起き上がり、レンズが手前を向く仕組みだ。カメラのスペックはソニー製イメージセンサー「IMX586」による4800万画素のメインカメラと、1300万画素の広角カメラの2眼である。

ZenFone 6の背面

ZenFone 6の背面

自撮りの際にはカメラが自動的に回転する

自撮りの際にはカメラが自動的に回転する

ディスプレーは6.4型、2340×1080ドットのIPS液晶を搭載する。本体前面にインカメラ用のスペースが必要ないことからノッチやパンチ穴はなく、本体前面の92%を表示領域が占めている。

本体背面には指紋認証センサーを備え、顔認証にも対応する。本体下部にはUSB Type-Cポートのほか、3.5mmのイヤホンジャックも備える。バッテリー容量は5000mAhで最長23.6時間のウェブサイト閲覧ができるという。他のデバイスを充電するリバースチャージにも対応する。重量は約190gである。

製品構成は2種類で、上位モデルは8GBのメモリーと256GBのストレージ、下位モデルはそれぞれ6GBと128GBを搭載する。プロセッサーである米クアルコム製のSnapdragon(スナップドラゴン) 855や、カメラの仕様は共通。本体カラーはそれぞれのモデルにミッドナイトブラックとトライライトシルバーの2色ずつを展開する。

価格は上位モデルが8万2500円、下位モデルが6万9500円(いずれも税別)で、8月23日より順次販売を開始する。

(ライター 山口健太)

[日経 xTECH 2019年8月21日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。