[FT]ベネズエラ、食料不足で健康懸念広がる

FT
2019/8/22 15:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「Tengo hambre(腹が減った)」。ベネズエラの首都カラカスで、短いながら切実に訴えかける落書きが壁に残っていた。

ベネズエラの国中でこうした嘆きが広がっている。経済が破綻状態で食料や燃料、医薬品の不足が深刻化する中、左派のマドゥロ大統領と欧米諸国の後ろ盾を得ている野党のグアイド国会議長の対立が続いている。人道支援機関によると、多くの国民が十分な食べ物を確保できない状況が続き、健康に長期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]