御巣鷹の尾根 命の重さを考える聖地に(風紋)

風紋
コラム(社会)
2019/8/25 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日航機墜落事故で520人が亡くなった群馬県上野村、御巣鷹の尾根には8月12日、早朝から遺族276人が慰霊の登山をした。

2日前の10日早朝。登山口の駐車場に着いた美谷島善昭さん(72)と大島文雄さん(75)の2人と、尾根を目指して登った。

9歳の次男、健ちゃんを亡くした美谷島さんと、日本航空OBで退職後も遺族を支援し続ける大島さんは10年間、立場を超えて御巣鷹の尾根を守る活動を一緒に続ける。

風…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]