/

韓国の大学生が参加辞退 名古屋「ど真ん中祭り」

名古屋市を中心に参加者がさまざまな踊りを披露する「にっぽんど真ん中祭り」で、韓国の学生チームが参加を辞退したことが22日、分かった。主催者は日韓関係が悪化する中「訪日に学生の家族から心配の声が上がったため」と説明している。

祭りを主催するにっぽんど真ん中祭り文化財団(同市)によると、参加を取りやめたのは韓国・釜山の東西大の学生チーム「トルゴレ」。2001年から毎年参加していたが、8月中旬に辞退を決めた。韓国からは唯一のチームだった。

祭りは22日から4日間の日程で行われる。国内外の206チームが名古屋市の中心部など計23会場で、それぞれ地域ゆかりの踊りを披露する。昨年は主催者発表で、221万人の観客が訪れた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン