/

この記事は会員限定です

名大、特許収入4倍に 東大・京大に迫る

[有料会員限定]

名古屋大学が学内の研究成果を企業などに提供し、特許収入を増やしている。2018年度は3億円強と、データが比較可能な06年度以降で最多だった。ノーベル物理学賞を受賞した青色発光ダイオード(LED)の特許切れ以降、得意の材料や情報、医療・バイオ関連に力を入れ東京大、京都大に次ぐ地位を固めつつある。

全国の大学は毎年、文部科学省に「特許権実施等収入額」を報告する。名大が近くまとめる18年度実績は3億94...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン