/

この記事は会員限定です

人口減の世界、金融緩和に限界

米州総局 伴百江

[有料会員限定]

21日の米株式相場は大幅反発した。小売業界の好決算を背景に小売株が相場の上げを先導した。この日最大の注目材料は7月末に開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨だ。10年ぶりに金融緩和に踏み切った決定の背景を見極めたい市場関係者の関心が集中した。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は7月末のFOMC後の記者会見で、今回の利下げは「長い利下げサイクルの始まりではなく、サイクル半ばの調整」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン