デンマーク首相は「侮辱的」、トランプ氏が非難

2019/8/22 5:58
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は21日、9月初旬に予定していたデンマーク訪問の見送りについて、同国のフレデリクセン首相が「侮辱的」な発言をしたためだと説明した。同首相はトランプ氏が意欲を示したデンマーク領グリーンランドの購入案を「ばかげた議論」と一蹴しており、同氏は「不適切な言い方だ」と非難した。ホワイトハウスで記者団の質問に答えた。

トランプ大統領はデンマーク首相を非難した(写真はAP)

トランプ氏は「彼女は『買収に興味がない』とだけ言えばよかった。あのような物言いは全くよくない」と指摘した。「トルーマン大統領らも購入案を考えていたし、1900年代までさかのぼる話だ」と主張した。

デンマークでは訪問取りやめに困惑と怒りが広がっている。同国のトーニングシュミット元首相はツイッターで「冗談の一種か? グリーンランドとデンマークの人々への侮辱だ」と批判した。同国メディアによると、フレデリクセン氏は「誰とも言葉の応酬をするつもりはない。米大統領とも」と事態の沈静化を図った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]