「国に残っても殺される」 中米グアテマラ国境ルポ

2019/8/23 2:05
保存
共有
印刷
その他

トランプ米政権と中米移民たちの攻防が激しさを増している。トランプ氏の「移民が治安を悪化させ、仕事を奪っている」という主張は米国内で一定の支持を得ており、米政権は次々と移民への締め付けを強めている。一方、移民たちにとって、米国への移住は貧困や犯罪の連鎖から抜け出す一発逆転の手段に他ならず、簡単に諦められるものではない。監視をくぐり抜け北上を続ける、中米移民たちの足取りを追った。

「国に残っても犯罪に加担するか殺されるかだ」。グアテマラ西部テクン・ウマン。メキシコとの国境に流れるスチアテ川を眼前に、匿名で取材に応じたエルサルバドル人の20代男性はこうつぶやいた。

母国エルサルバドルでは犯罪組織マラスが影響力を拡大し、警察の手が及ばない無法地帯があちこちに広がる。人口10万人あたりの殺人事件発生件数は61.8人と、世界最悪の水準だ。マラスはグアテマラやホンジュラスにも版図を広げる。グアテマラでも多くの乗用車は外から運転席の様子が見えないようスモークガラスとなっており、町のあちこちに大きな銃をぶらさげた警備員が立っていた。

銃乱射事件が多発するなど先進国基準では治安が良いとは言えない米国だが、人口10万人あたりの殺人事件の発生件数は5.3人に過ぎず、日常生活と犯罪が隣り合わせにある中米諸国とは比べるまでもない。

スチアテ川はメキシコとグアテマラの国境の交通の要所として無数の渡し船が往来する

スチアテ川はメキシコとグアテマラの国境の交通の要所として無数の渡し船が往来する

経済面でもその差は歴然としている。米国の1人当たり国内総生産(GDP)はエルサルバドルの16倍、グアテマラの14倍、ホンジュラスにいたっては25倍だ。米国では不法移民として最低賃金以下の暮らしだとしても、中米で暮らす人々にとっては豊かな生活だ。交流サイト(SNS)や通話アプリを通じ、密入国に成功した知人の華やかな近況が画像付きで伝わってくることも彼らを米国へと駆り立てる。

2018年に発生した大規模な移民集団(キャラバン)を機に、トランプ政権の目はメキシコとの「国境の壁」から、さらに南に注がれるようになった。メキシコ政府に圧力をかけて南部のグアテマラとの国境沿いに兵を配備させ、19年7月にはグアテマラ政府に対し難民申請希望者を同国で待機させる協定に合意させた。

メキシコ側の川岸を警備する兵士(8月9日、メキシコ南部タパチュラ)

メキシコ側の川岸を警備する兵士(8月9日、メキシコ南部タパチュラ)

もっとも、米国の思い通りにことは進んでいない。川幅200メートルのスチアテ川はグアテマラとメキシコの通商の要所として、無数の渡し船が往来する。税金の低いメキシコから食料や飲料が運ばれる一方、グアテマラからは買い出しにいく人々が行き来する。橋に設置された正式な入国管理を通るのはごく一部の人々だ。

メキシコ側の川岸を歩くと、炎天下の中、日陰で兵士や警察官が涼んでいた。カメラを持って取材していると、1人の兵士から撮影するようせがまれた。「我々の警備が始まり、移民が密入国することはなくなった」。全身を迷彩服に包んだメキシコ軍の兵士は自信満々にこう話すが、撮影が終わると、また日陰へ戻っていった。取材中、河岸に上がった人々は素通りだった。

地元の人々は正式な入国管理を経ずに国境を通過する(メキシコ南部タパチュラ)

地元の人々は正式な入国管理を経ずに国境を通過する(メキシコ南部タパチュラ)

「10ケツァル(約140円)払えば、移民だろうが誰でも運ぶよ」。グアテマラ側の岸で渡し船を営むロドリゴ・エスコイ氏はメキシコの主張を鼻で笑う。自転車タクシーの運転主は「10分も南に行けば警備がなくなるから、移民を運んでいる」と明かす。

グアテマラ政府は国境付近に移民を一時的に収容し、寝食を提供する「移民の家」を設置している。移民たちはここで体を休め、また北への旅を続ける。取材時には中米各国から集まった79人の移民がいた。昨年のキャラバン騒動で数百人が一斉に押し寄せた頃に比べると落ち着いたが、今でも1日40~50人の移民が訪れ、北を目指すという。

米国を目指す移民が体を休める「移民の家」とコーディネーターを務めるマリオ・モラレス氏(グアテマラ西部テクン・ウマン)

米国を目指す移民が体を休める「移民の家」とコーディネーターを務めるマリオ・モラレス氏(グアテマラ西部テクン・ウマン)

移民の家でコーディネーターを務めるマリオ・モラレス氏は「移民たちは貧困や暴力から逃れるためにここに来ている。密入国が危険だと言っても、彼らを止めることはできない」とため息をつく。

国際移住機関(IOM)によると、今年に入り、既にアメリカ大陸では少なくとも前年同期比33%増となる514人の移民が移動中に命を落としたという。国境警備が厳しくなった中、より危険な道を選ぶ移民が増えたためとみられる。中米の経済や治安という根本的な問題が解決しない以上、トランプ氏がどれだけ対策を強めようと、米国を目指す動きは止まらない。

(グアテマラ西部テクン・ウマンで、外山尚之)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]