プロ野球

菅野粘投、3年連続2桁勝利 巨人6連勝

2019/8/21 23:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

五回まで毎回安打を浴びながら、与えた得点は併殺崩れの1点のみ。得点圏であと1本を許さないエースらしい粘りが光り、巨人・菅野が3年連続となる2桁10勝に到達だ。

【21日のプロ野球 結果と戦評】

味方は一回先制適時打の4番岡本が三回にも中前適時打で2点を差し入れた。試合のペースを完全に握ったかに思えたが、肝心の菅野の調子がいまひとつ。速球、変化球とも高めに浮いて中日打線に付け入られた。

7回を投げて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

7月5日のDeNA戦で3ランを放ち、「丸ポーズ」でナインに迎えられる巨人・丸。チームにも溶け込んだ=共同

 巨人が21日、横浜スタジアムでのDeNA戦に勝って37度目のセ・リーグ優勝を決めた。5年ぶりの王座奪回を果たしたチームで「優勝請負人」の期待に応えたのが丸だ。フリーエージェント(FA)移籍1年目の今 …続き (19:31)

6回ソフトバンク無死一塁、柳田が右中間に適時三塁打を放つ(22日、京セラドーム)=共同

【ソフトバンク6―5オリックス】ソフトバンクは明石の先頭打者本塁打、柳田の適時打で一回に2点を先取。 …続き (19:32更新)

1回、引退試合の登板を終え、小川監督(手前)にねぎらわれるヤクルト・館山(21日、神宮)=共同

 ヤクルト一筋でプレーし、ともに今季限りで引退する館山昌平投手(38)と畠山和洋内野手(37)が21日、神宮球場での中日24回戦に引退試合として臨んだ。
 17年間のプロ生活を終える館山は先発して大島を …続き (21日 22:21)

ハイライト・スポーツ

[PR]