冷え込む日韓、アジア安保に隙 軍事協定期限迫る

日韓対立
2019/8/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=地曳航也】日韓の外相は21日の一連の会談で、元徴用工訴訟や輸出管理の厳格化をめぐり互いの立場の主張を続けた。韓国側は24日に更新期限を迎える日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長については言及を避けたもようだ。日韓関係の悪化は足元の経済や東アジアの安全保障に波及し、隙を生む可能性がある。

輸出管理をめぐる応酬は日韓外相会談に先立つ日中韓外相会談から始まった。

康京和(カン・ギョン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]