/

この記事は会員限定です

独バイエル、高くついた米モンサント買収

[有料会員限定]

医薬・農薬大手の独バイエルが動物薬事業を約8千億円で売却することで米社と合意した。種子大手、米モンサントの7兆円に上る巨額買収から1年あまり。低迷する株価を支えるための構造改革の一環だ。医療用医薬品と農業関連に集中する方針を掲げるが、旧モンサントの農薬訴訟が足を引っ張る。モンサント買収が高くつくなか、株式市場では訴訟の早期解決を求める声が強まる。

動物薬などのアニマルヘルス事業を、同業の米エランコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン