/

この記事は会員限定です

定義難しいパワハラ 企業どう対策

(解説 働き方改革関連法)

[有料会員限定]

5月にパワハラ防止を企業に義務付ける女性活躍・ハラスメント規制法が成立した。早ければ大企業は2020年4月、中小企業は22年4月に、パワハラを防ぐための措置が義務付けられる。従わない企業には厚生労働省が改善を求め、応じなければ、企業名を公表する場合もある。

厚労省によると、18年度に都道府県労働局などに寄せられた、労働者と企業との間の争いを巡る相談では「いじめ・嫌がらせ」に関するものが8万件強と過去最多、相談内容の内訳でもトップだった。パワハラは(1)優越的な関係が背景...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン