/

この記事は会員限定です

北九州銀行・嘉藤頭取「地方創生へ地元密着強化」(この人に聞く)

[有料会員限定]

米中貿易摩擦や日韓対立の悪影響が見え始めた九州経済。低金利下に苦しむ地方金融機関にとっても難しい局面を迎えている。山口フィナンシャルグループ(FG)傘下の北九州銀行の嘉藤晃玉頭取(58)に景況感や経営方針を尋ねた。

――北九州地域の景況感をどうみていますか。

「製造業中心の産業構造から環境、自動車、ロボットなど付加価値の高い分野が伸び、産学官連携でも新規産業が生まれている。米中貿易摩擦の影響が輸出企業に表れており、取引して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン