新入社員2人に労災認定 セクハラや長時間労働でうつ病

2019/8/21 20:16
保存
共有
印刷
その他

神奈川県厚木市の外壁塗装会社ユーコーコミュニティーの新入社員だった女性2人がうつ病を発症したのはセクハラや長時間労働が原因だったとして、労働基準監督署が労災認定したことが21日、分かった。代理人の弁護士らが東京都内で記者会見し明らかにした。

弁護士らによると、今年1月に平塚労基署、同7月に厚木労基署が認定した。同社は「元従業員が精神疾患にり患されたことは大変遺憾。労災認定については労基署の調査結果内容を確認できていないのでコメントを差し控える」としている。

弁護士らによると2人は2017年4月に入社し11月にうつ病を発症。同僚の前で会長から「みんながおまえを嫌いになる」と叱られたり上司に体を触られたりした。労基署は発症前1カ月の残業時間は85時間を超えていたと認定した。

2人は美大出身で技術職希望だったが、営業担当に配属され、1日当たり200軒を訪問することを課せられた。セクハラ被害を訴えると会長が「セクハラは神様が与えた試練」などと言い、耐えるよう求められたという。

同社は「女性が活躍できる会社」などとうたっているが、会見に同席した女性は「長時間労働は当たり前でパワハラ、セクハラも見て見ぬふりの劣悪な環境だった」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]