千葉市、オープンデータ加速 社会インフラ実験も提供

2019/8/22 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千葉市は行政のデータを広く公開する「オープンデータ」の取り組みを加速する。市民が自転車を共有する「シェアサイクル」の実証実験で得られた1年分のデータなど、社会インフラ関連の実証実験などで得られたビッグデータを提供する。民間企業や研究機関が二次利用しやすい形で提供し、新ビジネスの創出や住民サービスの向上につなげる。

千葉市は2018年3月から自転車シェア事業「ハローサイクリング」のシステムを提供す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]