/

この記事は会員限定です

官房副長官、若手有望株や「仕事師」起用

政権人事を読む(10)

[有料会員限定]

官房副長官は首相と官房長官を補佐する役割だ。政権の中枢である首相官邸に席を置き、政治と官僚機構の手綱さばきを学ぶ。国会議員を衆参1人ずつ、官僚1人の計3人を任命する。衆院出身の政務副長官には若手の有望株を登用することが多く、戦後の歴代首相のうち、同ポストを経て首相になった人物は竹下登、森喜朗、安倍晋三各氏ら5人に上る。

官房副長官は内閣を強化する目的で、1998年に議員ポストが1枠増えた。官僚出身...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン