/

この記事は会員限定です

性急な改憲、民意は賛成せず 共産・笠井政策委員長

[有料会員限定]

共産党の笠井亮政策委員長は日本経済新聞のインタビューで、安倍晋三首相が憲法改正の議論を呼びかけていることについて「変えるべきなのは憲法ではなく、憲法をないがしろにしている安倍政治だ」と述べた。

憲法9条に自衛隊を明記する自民党の改憲案に関しては「無制限に海外での武力行使が可能になる。そうした方向には断固反対だ」と主張した。「我々の対案は日本国憲法そのものだ。現行憲法の全条項を守っていく」と訴えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン