宅配路上駐車、解禁広がる 都内52カ所に専用スペース
名古屋・大阪でも 配達員の負担減

2019/8/21 19:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

集配中の宅配業者の路上駐車を認める動きが都市部を中心に広がってきた。警視庁は8月末までに東京都内の幹線道路沿いなど52カ所に専用の駐車スペースを新設し、大阪市や名古屋市などでも同様の取り組みが進む。宅配便の取扱量が増え配達員の負担が深刻になっており、業界団体からは規制緩和を歓迎する声が上がる。

警視庁は21日、駐車スペースの設置場所をホームページで公表した。港区や渋谷区といった都心部のほか、立川…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]