銀行、休眠口座に手数料案浮上 マイナス金利を転嫁

2019/8/21 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

入出金が長く止まった休眠口座に一定の手数料を課す案が有力との見方もある

入出金が長く止まった休眠口座に一定の手数料を課す案が有力との見方もある

個人の預金口座にマイナス金利を課す動きが欧州で広がり、邦銀でも経営の検討課題として浮上してきた。中央銀行のマイナス金利政策が長期化し、収益の先細りが懸念される事態は日欧で変わらないためだ。マネーロンダリング(資金洗浄)対策などで口座管理に要する負担も増す。入出金が長く止まった休眠口座に一定の手数料を課す案が有力との見方もある。

【関連記事】
不稼働口座に手数料 三菱UFJ銀行、20年秋にも年1200円
休眠口座に課す手数料、地方で先行 維持コスト重く

欧州では20日にデンマークのユスケ銀行が預金残高750万クローネ(約1億1900万円)を超える口座を対象に、12月から年0.6%の手数料を徴収する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]