外気の熱、樹脂で遮断 YKKAPの「樹脂窓」
北陸サマーテック(7)

2019/8/22 6:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッシにアルミではなく樹脂を使う「樹脂窓」の需要が猛暑対策で伸びている。樹脂の熱伝導率はアルミの1400分の1で、外気の熱が伝わりづらくなるからだ。YKKAPは樹脂サッシと複数のガラスを使い、ガラスの間にできる空気の層で熱を遮断する窓を販売している。屋内の断熱性を高める冬向けの商品として登場した樹脂窓が、夏にも役に立つ建材として注目されつつある。

夏に部屋に入る熱の74%は窓を経由して入る。特に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]