2019年9月20日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,103.53 +59.08
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,980 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「日銀の金融政策を解説」[映像あり]

ソニーフィナンシャルホールディングス 菅野 雅明

9月19日(木)14:09

FOMCを読む[映像あり]

三菱UFJ銀行 鈴木 敏之

9月19日(木)08:30

[PR]

記者の目

フォローする

東レ、まだ見えぬ「787」上昇相場の高度
証券部 松本桃香

2019/8/22 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

月産14機体制になった米ボーイングの中型機「787」。東レは主要な構造部材の5割を占める炭素繊維を供給している

月産14機体制になった米ボーイングの中型機「787」。東レは主要な構造部材の5割を占める炭素繊維を供給している

東レの株価に回復の兆しが見えてきた。米ボーイングの中型旅客機「787」向け構造部材が伸び、2019年4~6月期の炭素繊維事業の営業利益が前年同期に比べて90%増えたことがきっかけだ。株価チャートでみても、13週の移動平均が26週を下から上へ突き抜けており、先高期待につながっている。

「787」の主要な構造部材の5割を占める炭素繊維は東レが供給している。ボーイングは月産12機だった生産ペースを同14機に増やし、東レの受注も伸びた。4~6月期は787など「航空宇宙」用途の炭素繊維の売上高が291億円と51%増。欧州の環境規制で風力発電のブレード(羽根)や液化天然ガス(LNG)タンクも引き合いが強かった。

炭素繊維の営業利益は15年4~6月期に100億円を超えていたが、ここ3年ほどは右肩下がりだった。ゴルフクラブやテニスラケットの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

記者の目 一覧

フォローする

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。