DIC、化学物質管理を国内外で一元化 40億円コスト減

2019/8/22 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インキ世界最大手のDICは自社製品に使う化学物質を国内外で一元管理するシステムを構築する。2024年までに中国や東南アジア、オセアニアのグループ会社で運用を始める。化学物質の法規制は世界的に厳しくなっており、管理コストの増加が見込まれる。システム導入で業務負荷を軽減し、30年までに累計約40億円の削減を見込む。

DICは約10万種類の化学物質を取り扱う。海外の拠点では、同社の化学製品に「どんな化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]