商品価格に下げ圧力、景況感の好転見えず  編集委員 志田富雄

ニュースこう読む
2019/8/23 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鋼材などの素材を含めた商品価格は景気の先行指標とされる。消費の動きに手応えを感じれば企業は原料の調達を増やし、悪化の雰囲気が出ると買いを手控えるようになるからだ。2017年秋にピークアウトした商品市場の景況感は、そろそろ底入れしてもいいころ。しかし、足元では米中摩擦の激化で非鉄金属などの価格が下がり、日経商品指数17種は16日にほぼ2年ぶりの安値に下げた。建設などの内需にも陰りが見え、下げ圧力は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]