イタリア首相が大統領に辞表提出、金融市場混乱も

ヨーロッパ
2019/8/21 5:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリアのコンテ首相は20日、議会上院での演説で辞意を表明し、マッタレッラ大統領に辞表を提出した。連立政権を構成する極右「同盟」と左派「五つ星運動」が主要政策などを巡って対立を深めており、これ以上の政権運営は難しいと判断した。伊政局の不安定化は避けられず、金融市場が混乱する可能性もある。

コンテ氏は演説で「私は政府での体験をここで終える」と述べ、演説後に大統領に辞表を提…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]