2019年9月16日(月)

プロ野球

ロッテ・石川、制球さえ11K 中継ぎ経験生かす

2019/8/20 23:30
保存
共有
印刷
その他

8回無四球で11三振を奪い、6月2日以来の勝利。この間、慣れない中継ぎも経験した。いつもひょうひょうとした感じのあるロッテ・石川には珍しく、お立ち台で「すごいうれしいです」としみじみと語ったあたりに、ここまでのつらさのほどがしのばれた。

【20日のプロ野球 結果と戦評】

楽天戦に先発したロッテ・石川=共同

楽天戦に先発したロッテ・石川=共同

中継ぎの経験によって「投球はやはり制球」と再認識したという。中継ぎでもビシっといかないことがあったが、それを無駄にはしなかった。

四回1点を失ってなお2死一、三塁とされた場面では変化球を沈めて、和田を三振に仕留めた。六回に勝ち越されたものの、浅村から空振り三振を奪うなど、打線を分断し、最少失点で済ませることができた。

「攻めの投球ができていた。彼本来の姿じゃないかな」と井口監督。涌井と並ぶ柱になってほしい、という期待のもと、今季の開幕投手に指名した。格別の思いがある分、安堵したらしい。

本人のコメントにも、軽やかさが戻ってきたようだ。「この1勝を二木君にささげたい」とは、中継ぎで勝ち星を消したことがあり、二木に冗談ながらも突っ込まれていたからだそうだ。

奪三振に関しても「僕は意識して(三振を)取れるわけではないからタマタマ」。無四球にも「特別なことじゃない」。この淡々として、そっけない感じがもっと出てくれば、残り試合でまだまだ貢献できる。

(篠山正幸)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回ロッテ無死満塁、清田が左前に同点打を放つ(16日、メットライフドーム)=共同

【ロッテ9―3西武】ロッテが連敗を3で止め、西武戦の連敗も8でストップした。1―2の六回に清田の適時打で追い付き、田村の勝ち越しの2点適時打などで6点を奪い逆転した。石川は7回3失点で自身4連勝で7勝 …続き (16:59更新)

ヤクルトの寺原隼人投手

 ヤクルトの寺原隼人投手(35)が今季限りでの現役引退を決意したことが16日、球団関係者の話で分かった。昨オフにソフトバンクを自由契約となり、今季からヤクルトに加入。開幕ローテーション入りしたが、7月 …続き (14:03)

巨人の菅野智之投手

 巨人の菅野智之投手が16日、腰痛のために出場選手登録を外れた。腰痛から復帰して15日の阪神戦に登板したが、自らコンディションの不調を訴えて4回4失点で降板していた。レギュラーシーズン中の登板は難しい …続き (12:28)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。