/

この記事は会員限定です

みずほ20年、再生へ難路 「メガ銀3位」巻き返せるか

[有料会員限定]

「メガバンク時代」の先べんをつけたみずほフィナンシャルグループ(FG)の結成発表から20年がたった。不良債権危機下の日本で登場した世界最大の銀行グループは国際金融界も驚かせた。だがその後のみずほは曲折の歴史をたどる。デジタル化を背景にした異業種参入で金融のあり方が激変するいま、みずほは再生を果たせるのか。

1999年8月20日、東京・日比谷の帝国ホテル。「この国を代表し、日本経済の役に立つ銀行を作る」「国際舞台への復帰を果たす」――。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン