駅のコインロッカー、関西でも値上げ 訪日客需要で
手荷物の輸送・保管ビジネスも広がる

2019/8/21 6:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西圏の駅のコインロッカーで値上げが相次いでいる。訪日客の利用増を背景に、近鉄グループや京阪電気鉄道などが実施した。値上げで得た原資をロッカーの大型化や増設にあてる。ただ、料金が割高になり、ロッカー数もなお不足気味だ。利用しにくい状況は続いており、訪日客の荷物を当日配送するなどの新サービスに需要が奪われる可能性もある。

【関連記事】コインロッカーにもインバウンド効果、値上げ相次ぐ

近鉄グループで駅の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]