つみたてNISA、奨励金を非課税に 金融庁が要望

2019/8/20 21:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁は積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)で、企業が従業員に支給する奨励金を非課税にするよう財務省に求める。中小企業などが福利厚生の一環で支給しているが、今は給与所得として課税されている。時限措置になっているNISAの恒久化も要望し、個人による長期の資産づくりを後押しする。

金融庁が月内にまとめる税制改正要望に盛り込む。つみたてNISAは年40万円までの投資を上限に配当や売却益が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]